ヘアカラーとストレートパーマの両方を施術すると、とても髪に負担がかかりました。その後どんなトリートメントをしても、一度痛んでしまった髪はもとには戻りません。

ヘアカラーもしくはストレートパーマのどちらか一つをケミカルなものではなく髪にやさしいものにすれば、(香草カラー・ケラチンブローアウトなど)ある程度ダメージは軽減できます。

もし両方をやさしいもの、香草カラーやケラチンブローアウトにすると、ほとんどダメージレスにできます。それは当たり前で、もともとトリートメントとして開発されたものなので痛むわけがありません。

自然な感じでクセを伸ばしつつ、それほどトーンを上げる必要のない方、是非この最強のコンビネーションを試してみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>